トルコ   4/23 出発 アンカラ  4/24 アンカラ カッパドキア  4/25 カッパドキア ギョレメ  4/26 絨毯工場 コンヤ  4/27 アンタリア アスペンドス  ペルゲの遺跡  4/28 ハドリアヌス門 波のない海  4/29 ヒエラポリス パムッカレ  ヒエラポリス   4/30 エフェソス イズミル  エフェソス   5/1 トロヤの遺跡 ベルガマ  トロイ遺跡  ベルガマ遺跡  5/2 イスタンブル グランドバザール  5/3 ブルーモスク アヤソフィア  ブルーモスク   アヤソフィア大聖堂  5/4,5 帰国 
ハギアソフィア(アヤソフィア)  1998/5/3  
アヤソフィアの大聖堂を見学。キリスト教国家ビザンチンの都コンスタンチノーブルの象徴

カリグラフィーと呼ばれるアラビア書が額にある。文字は美しく力強い。  アヤソフィアの大聖堂の書。

大聖堂の歴史  360年、 開堂(石の壁に木造の屋根)   404年、 暴動により聖堂破壊。  415年、 落成。  532年、 暴動により聖堂破壊。 537年、 開堂 大理石とレンガ造り   558年、大地震で一部壊れ修理  1204年、第4次十字軍。 ラテン人の十字軍。 異教の神殿破壊略奪。 1261年、パライオロゴス朝。 コンスタンチノープル取り戻す。 聖堂修復。 1317年、改修。 1453年、コンスタンチノープルはオスマントルコに奪われビザンチン帝国滅ぶ。 征服者メフメット2世は、荒れ果てたハギソフィアでアラーへの祈りを捧げ、モスクの改造を命じる。 その後、修復、改造を繰り返す。 1934年、アチャトルクは、アヤソフィアを歴史的建造物として国の博物館に指定


  トルコ   4/23 出発 アンカラ  4/24 アンカラ カッパドキア  4/25 カッパドキア ギョレメ  4/26 絨毯工場 コンヤ  4/27 アンタリア アスペンドス  ペルゲの遺跡  4/28 ハドリアヌス門 波のない海  4/29 ヒエラポリス パムッカレ  ヒエラポリス   4/30 エフェソス イズミル  エフェソス   5/1 トロヤの遺跡 ベルガマ  トロイ遺跡  ベルガマ遺跡  5/2 イスタンブル グランドバザール  5/3 ブルーモスク アヤソフィア  ブルーモスク   アヤソフィア大聖堂  5/4,5 帰国