高雄・花蓮・台北 5日間 07/27 07/28 07/29 07/30〜31
高雄・花蓮・台北 5日間 2001/07/27〜7/31
07/27  高雄
07/28 高雄
07/29 花蓮
07/30〜31 台北  帰国

台風などもあり、いまいちのところもありましたが、結構楽しんでくることができました。
グルメツアーでした。北京料理,上海料理,海鮮料理,広東料理,台湾料理を食べてきました。
特に、台湾料理が美味しかったです。
ちょっと外国といった感じではなく、日本の国内を旅行している感じでした。
台湾の人の顔、姿、車の車種、街並みがなんとなく日本と似ているためだと思います。
流暢な日本語を話される方が多くおられるような感じをうけました。
台湾
主都は台北(タイペイ)。 面積;約3万6000km2。 人口;約2100万人。
今度は、故宮博物院をゆっくり時間をかけて見学してみたいと思います。 
歴史
南洋にルーツを持つ先住民族が暮らしていた台湾。
隋(581〜618)の頃、中国人が最初に、この島に定住した。
16世紀、集団的に大陸から移民するようになった。
17世紀、スペイン人,オランダ人が西海岸の要地を占領した。
オランダ人が独占して,オランダ東インド会社の拠点とした。
1661年、鄭成功(ていせいこう)がオランダ人を下し、その後、清朝に併合された。
中国からは福建・広東省の住民が多く移住。
1885年、先住民を山地に圧迫して経済権を確立し台湾省を設置した。
1895年、日清戦争後、日本に割譲された。
1945年、第2次大戦後,、中国国民党政府軍が進駐。中国に復帰した。
1949年、国共内戦後、蒋介石国民党政府は本土を失って台北に移転。全島を統治した。
1987年、国民党政権は台湾住民の大陸訪問を解禁ししている。
自然・産業
先住民は高山族。
人口の90%以上が漢民族。残りが阿美族、タイヤル族等、9つの先住民族などがしめる。
人口密度は、約580人/1km2で日本より高い。
地形は狭長。東に高く西に低い。台湾山脈が南北に走る。
主峰は、玉山(新高山 にいたかやま)。
東岸は絶壁をなし良港に乏しく、西部には沖積層平野が広がる。
大部分の人は、島の西側に広がる平野に住んでいる。
北は亜熱帯性、南は熱帯性気候で雨量が多い。
米・サトウキビ・茶・バナナ・パイナップルなどの農産物。
米は三毛作もある。
近代工業も盛ん。

   高雄・花蓮・台北 5日間 07/27 07/28 07/29 07/30〜31