スペイン 9/2〜3 9/4 9/5 9/6 9/7 9/〜10 
■9/7
wake-up call 6:45 朝食 7:40 package out - 出発 8:40
マドリッドは、海抜646mの内陸性気候。朝晩の冷え込みが強いとのことだがそれほどでもなかった。
午前 マドリッド市内 現地日本人ガイドのKさんが案内をしてくれた。
バスから見る市内

プラド美術館 
マドリッドのプラドPrado通りにある国立美術館。
王立美術館として1819年に開館。
1868年の革命後に国有化されプラド美術館に改称された。
スペインの3大画家といわれるグレコ,ゴヤ,ベラスケス等の絵が展示されている。
絵画ではヨーロッパ屈指の収集を誇る。
初期ルネサンスから新古典主義に至る500人の画家の作品、約6,000点余りを収蔵している。

ベラスケス《宮廷の侍女たち》 ゴヤ《裸のマヤ》《着衣のマヤ》の絵が印象に残った。
時間が無くあわただしくひととおり有名な絵を通り過ぎた感じだった。
美術館はセキュリティチェックがある。絵は手で触れるくらいの場所にあるため水の持ち込みダメ。
美術館の外に、ゴヤの銅像があり銅像前が集合場所となる。
ガイドブック1500pts/トランプ1600ptsを買う。

エル・グレコ
《聖三位一体》

聖父に抱かれる聖なる子キリスト。
その頭上に聖霊を表す鳩が描かれる 1577年

ベラスケス
《宮廷の侍女たち》

中央の王女マルガリータを見守る 国王夫妻(後方の鏡に写る)
左端の画家(ベラスケス)が描く
視線の交錯が見られる 1656年

ゴヤ
《裸のマヤ》

1798-1805年ころ

街の様子
バスの中から見る建物のデザインは日本ではあまりないような気がする。
街の中をゆっくり歩けたら、店などをのぞくことが出来たなら楽しいような気がした。

バスからの景色



マドリッドの建物はこのような建物が多かった
 
三越買い物 
スペインにきて何故三越か?と思いつつツア−だからとあきらめ店内に入る。
バスから店までは近いのだが、「窃盗団」があたまをよぎり何となく落ち着かない。
店内には、拳銃を腰に下げたガードマンがいる。ちょっと変な気分だ。
ツアーの方の買い物力はすごい。
つられて少し買ってしまう。
Tシャツ3枚7000ptsくらい/置物3個9000ptsくらい。
あっという間の買い物時間。多くの人が買われていたみたいです。

スペイン広場 
ドンキホーテの騎馬像とサンチョのロバに乗っている像がたつ 。
広場の顔になっているようだ。
ドンキホーテの騎馬像とサンチョのロバに乗っている像

スペイン広場近くにはマドリッドのツアーバスのバス停があった。
2階は屋根がなくツアーする人が見学しやすくなっている。
ホテルにおいてあったパンフレットをみたら定期的に市内を低料金で走っているようだった。
スペイン広場近くで見たマドリッドのツアーバス。

王宮
1738〜1764年に建てられた壮大な宮殿。現在も王様がすんでいるらしい?
建物はルネサンス様式と擬古典様式がミックスしたもので、140m四方の面積をもつ。
内部の部屋数は2,800室以上あるといわれる。

昼食
どこで食べたか?・・・・・思い出せない。
午後
オプショナルツアーでトレドの半日観光
にいく。参加費用 8000pts
途中の景色 マドリッドからトレドに行く途中。
荒地か、休耕地か不明。

買い物 
トレドに行く途中に立ち寄ったお土産やさん。
店内には楽しいものが沢山あった。
店の入り口にドンキホーテらしきものがあった。
ドンキホーテは、スペインいや、マドリッドのシンボルなのかもしれない。

LIADRO ジェアドロのネコを買う。
15,000ptsくらい。

恥ずかしいことに「ジェアドロ」ということばをスペインに行くまで知らなかった。
ジェアドロLIADROは、磁器フィキュアリンの最高傑作と評される。
ジェアドロ・ポーセリンはヨーロッパの伝統を継承している、ジェアドロの権威あるアーティストにより制作されている。
ジェアドロではひとつひとつの作品を手作業で丹念に制作している。
繊細で緻密な作品は、その技の極みを追求するアーティストのたゆまぬ努力の成果といわれる。

ジェアドロの作品は、完成度の高さ、磁器そのものの優れた品質を高く評価されている。(パンフレットより)
トレド Toledo
スペイン中央部の古都。マドリッド南南西約65km,タホ川に臨む。約6万人(1995)。
中世の姿をそのままに残す旧市街にあるトレド大寺院、サントトメ教会をはじめ、トレドの歴史と文化に触れる。
絹・毛織物工業,陶業が行われ,古来刀剣製造で有名。
13世紀のトレド大聖堂がある。
起源は古代ローマ以前
6―7世紀、西ゴートの首都。
教会会議がたびたび開かれた。トレドの司教座は現在もイベリア全土に大きな影響力を持つ。
8―11世紀、イスラム支配下に商工業・文化の中心。
1087年―1560年、レオン・カスティリャ王国の首都。
この間に翻訳学校が作られる。
ヘレニズム文化とイスラム文化が西ヨーロッパに伝えられる。
その後のヨーロッパ文化の発展に重要な役割を果たした。
画家エル・グレコが暮らした街でもある。


買い物

マドリッドへの帰る途中金細工を作って売っているところにいく。
多分トレド細工というのだと思うが?金細工 7500ptsくらいのものを買う。
旅行の終わりになってきており、このような場所に立ち寄ると思っていなかった。
お金の準備と心の準備が出来ていなかった。買い物をどこでするかは旅行で悩むところだ。

夕食
名物タパス料理
 
ツアーの案内には、タパス料理と書いてある。
しかし、タパス料理を食べた記憶がない。
印象が薄かったのか?サングリアを飲んだ記憶はある。

マドリッド市内 
夜の8時を時計が指している。まだ明るい。

マドリード泊まり
ホテル:OSUNA 部屋No. 89号 
LUIS DE LA MATA 18 E-28042 MADRID,SPAIN

   スペイン 9/2〜3 9/4 9/5 9/6 9/7 9/〜10