エジプト 9/24〜25  日本からエジプトへ カイロ  ムハマド・アリ・モスク  ギザのピラミッド  9/26 カイロからアブ・シンベルへ  アブ・シンベル神殿  9/27 ルクソール東岸   カルナック神殿  ルクソール神殿  9/28 ルクソール西岸  王家の谷   9/29 ラムセスU世の像 サッカラ観光  ジェセル王の階段式ピラミッド  9/30 エジプトから日本へ  
カルナック神殿 1994/09/27 ルクソール東岸
大きさにに、ただ言葉を失うのみ。ラムセスU世やアメンヘテプV世など、多くのファラオが奉納したといわれる、すばらしい石の建築美。驚かされるだけである。アメン神に捧げられているというこの神殿は2.4q四方といわれる広大な敷地。各時代のファラオたちが、自らの権力の強化と国家の繁栄を祈念して献納した、様々な神像や神殿が集まっている。入口を入ると、羊頭をしたスフィンクスが40体ほど参道に並んでいる。参道を過ぎると、正面に第一塔門がある。高さ43m、幅113mといわれる巨大な塔門。その大きさと、作ったときの時代を考えると圧倒される。



中に入っていくと、大きな石像や石柱が目につく。空からの日差しもかなり強いものがある。

更に進むと石の柱の大群に遭遇する。大列柱室と呼ばれており、20mを超える大きな石の柱が、「これでもか、これでもか」といっているようにそびいたつ。圧倒される。柱は134本ある。
柱の上を見ると、柱と柱の間には巨大な石が横たわっている。どのようにしてこのようなものを作ったのか。巨大な王の権力による、多くの労働力、犠牲となった人々。長い歳月というものが容易に想像できる。天井の石は地震等でかなりのものが落ちてしまった。造った当時の姿は、今見る姿よりも、想像できないくらい、素晴らしいものがあったような気がする。



どのようにして作られたのか?ピラミッドに負けない必見に値する。また各石には全てと言ってよいほど彫り物がなされている。彫り物には当時は色彩があざやかに施されていたと想像できる。紙面には言いつくせない素晴らしい感動を与えてくれた。オベリクスも素晴らしかった。よく倒れないで建ち続けているものだ。

石の柱の上部(柱頭)には、花開き、あるいは閉じたパピルスや蓮(ロータス)の模様が刻まれている。蓮の花はインドの仏陀の世界に通じるものがある。エジプトとインド、中国、(おまけに日本)なんとなく近いものがあるといった感じを受けた。  エジプトの彫刻   古代エジプト人にとって神は身近な存在だった。あらゆるものに神がやどり、美術もその例外ではなかった。芸術家はこの永遠の法則に奉仕するもの。作品自体に個性が出ることはなく、むしろ人工的な存在だった。彫刻の材料はアラバスター、石灰岩、赤色花崗岩、硬質の砂岩、木像もつくられた。古代エジプトの彫像は、けっして西洋彫刻と同じではない。一時的なものや、偶然的なものを捨て、本質的な、永遠的なものを表現する。



カルナック神殿だけでもゆっくり見れば少なくとも1日は必要。神殿の周りは今でも採掘が進んでいる。近い将来とんでもなく素晴らしいものが見つかるかも知れない。

   エジプト 9/24〜25  日本からエジプトへ カイロ  ムハマド・アリ・モスク  ギザのピラミッド  9/26 カイロからアブ・シンベルへ  アブ・シンベル神殿  9/27 ルクソール東岸   カルナック神殿  ルクソール神殿  9/28 ルクソール西岸  王家の谷  9/29 ラムセスU世の像 サッカラ観光  ジェセル王の階段式ピラミッド  9/30 エジプトから日本へ